サーバー監視で素早く異常を見つける

サーバー監視で素早く異常を見つける

サーバー監視で素早く異常を見つける ウェブサイトやシステムを安定して運営するには、異常が起きたときにすぐに対応できるサーバー監視が重要です。
主に二つあって、異常監視はサービス提供が出来てないときや、サービスの提供に影響があるときに管理者へとすぐにメール・音声・ランプ点灯・監視ツール画面などで通知してくれます。
正常監視だと正常に動いているかを管理者へ常にわかるようにして、ツールのステータス表示画面へ正常だと表示されます。
監視の方法にもいくつかり、死活だと止まることなく動いているかを監視して、PINGというコマンドを定期的に送ることで一定期間内に正常な応答があるかを確認します。
ツールによってアプリを対象サーバーへインストールすることもあり、そのときはアプリから正常な応答があるかで判断します。
ハードウェアのサーバー監視だと、サーバーやネットワーク機器に物理的な故障がないかを見てくれて、搭載しているメモリやCPU、ハードディスクに電源供給装置などが壊れてないかや機器の内部の温度が高温になってないかを見守ります。

サーバー監視の一種である死活監視で障害をみつける

サーバー監視の一種である死活監視で障害をみつける 業務に使用しているネットワークは、常に動いていなければ意味がありません。ですから、サーバー監視を行って、異常が起きているのであればすぐに反応できるようにします。
異常を検知してから復旧するまでの時間が、短くなればなるほど損失は最小限に抑えることができます。
そのサーバー監視ですが、内部だけでは不十分なので、外部から一定間隔でpingを送信して応答するかどうかを確認します。これが死活監視です。
正常に応答しているのであれば問題ありませんが、何も応答がないときには異常があるということです。すぐに問題のある箇所をする必要があります。
死活監視はサーバーと同じく24時間365日行うことが多くなっています。なお、あくまでもpingに応答しないということがわかるだけなので、サーバーにどのようなことが起きているのかまではわかりません。
そのため、サーバー監視をするのであれば、他の方法で問題の特定をする必要があります。

新着情報

◎2023/6/1

情報を更新しました。
>サーバー監視の重要性と遮断の対応策に関して
>サーバー監視におけるログ活用の重要性とは
>ウィルス被害からサーバー監視するためには
>サーバー監視とアップデートの重要性について
>効果的なサーバー監視を実現するための自己学習

◎2022/8/10

情報を更新しました。
>サーバー監視の仕事の重要性と、その目的とは
>サイトやシステムを維持するためのサーバー監視の重要性
>サービスを提供する仕組みとサーバー監視の対象
>サーバー監視用ツールの機能と製品選定について
>正常なネットワーク状態を保つために必要なサーバー監視

◎2020/3/16

異常を検知する異常監視
の情報を更新しました。

◎2020/1/28

サーバー監視業務で負荷を減らす
の情報を更新しました。

◎2019/12/5

サーバー監視で素早く異常を見つける
の情報を更新しました。

◎2019/8/30

サーバー監視の雇用形態
の情報を更新しました。

◎2019/6/27

サーバー監視は夜勤も多い
の情報を更新しました。

◎2019/4/26

サイト公開しました

「サーバー 管理」
に関連するツイート
Twitter

返信先:小規模法人(代表者がプログラマというかサーバ管理できる人)向けに、OSSの会計Webアプリを作りたいなと思ってます。いつできるかはわかりませんが、頑張ります💪

返信先:前にこのパターンの制作やりましたよ。 アプリ側とサイト側のサーバーが別で、ヘルプはアプリにもサイトにも必要なんで、サイト側で一元管理という流れでした。 ここのオフィシャルみましたが、お知らせはアプリにあって、サイトには見当たらなかったので、共通コンテンツはヘルプなのかなぁと。🤔

サービス本体に関しては、初期回収したお金と追加DLでのお金、サーバの維持や管理に回してるんじゃないかなぁと。 ただ社内サーバも持ち回りで接続に応じて各部署に割り振って運用。 ネブラ自体は広告収入や多岐サービス展開してゲームに関わらずお金を集めているんじゃないかなぁと

クを集約することで効率的にGPUメモリを管理する。 - 他の最先端のスケジューラと比較して、完了時間を大幅に短縮し、同じまたはより少ないリソースを必要とすることを示している。 - 1つのケースでは、同じワークロードを処理するのに半分のサーバーしか必要としなかっ

うちのサーバーも誰もさわれないな 亡くなった父親が管理していたサーバーにアクセスできず困っているというネットユーザーの嘆き